犬の登録と狂犬病予防注射

犬を飼い始めたら「登録」を

犬を飼い始めた場合に必要となる登録と、狂犬病予防注射についてご案内いたします。
川崎市での登録を参考に記載しておりますので、詳しくはお住まいの地区の狂犬病予防担当課(保健所、保健福祉センターなど)にお問い合わせください。

犬の登録

生後90日を過ぎた犬は、保健福祉センターへの登録が必要です。犬を飼い始めた場合、30日以内に区役所の保健福祉センターに登録の申請をする必要があります。登録を済ませると、「犬鑑札」が交付されます。

犬鑑札

犬の登録は生涯のうち1度だけでかまいません。犬鑑札を紛失したり、登録事項に変更があったりした場合は、保健福祉センターにご連絡ください。

当院では、年間を通じて犬鑑札の即時交付とともに保健福祉センターへの登録代行を行うことができます。

狂犬病予防注射

飼い犬には、毎年1回、狂犬病予防注射を受けさせなければなりません。保健福祉センターに登録されている犬の飼い主の方には、郵送でお知らせが届きます。

狂犬病予防注射は動物病院で行います。集合注射が行われる地域もありますが、川崎市では現在行われておりません。
注射後に「注射済票」という金属プレートが交付されます。

狂犬病予防注射済票

注射済票の交付は、注射済票交付動物病院または保健福祉センター衛生課で受けられます。
保健福祉センターでの交付には、動物病院で発行された「狂犬病予防注射済証」という証明書が必要です。

当院は注射済票交付動物病院ですので、川崎市に登録されている方であれば、注射済票の即時交付とともに保健福祉センターへの報告代行を行うことができます(市内全域対応)。
川崎市外の方には狂犬病予防注射済証をお渡しします。

病気等の理由により狂犬病予防注射を受けさせることができない場合は、動物病院で発行された「狂犬病予防注射猶予診断書」を添えて保健福祉センターに届け出る必要があります。

PAGETOP
Copyright © 獣医科村上医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.