マイクロチップについて

確実な身元証明になります

当院ではマイクロチップの埋め込みを行っております。
埋め込みをご検討の方はいつでもご相談ください。

マイクロチップとは?

マイクロチップの概要

マイクロチップは、直径約2mm、長さ約12mmの円筒形カプセルです。
その中には、国・メーカーコード、動物種コード、個体番号等を組み合わせた個体識別番号を記録したICチップが入っています。個体識別番号は、専用のリーダーで読み取ることができます。

マイクロチップ自体は電源を必要としないので、一度埋め込めば交換する必要はありません。

マイクロチップを埋め込んだ動物とその飼い主様のデータは、日本獣医師会のデータベースで管理されています。
リーダーで読み取った個体識別番号をデータベースに照会することによって、飼い主様の情報が検索できるようになっています。

マイクロチップの必要性

迷子、盗難、事故や災害の際でも、マイクロチップを埋め込んでデータベースに登録しておけば、確実な身元証明になります。

海外、特にマイクロチップが義務化されている国に犬や猫を連れて行くときには、マイクロチップの埋め込みが必要です。
逆に、犬や猫を海外から日本に連れて来て動物検疫を受けるためにも必要となります。

埋め込み方法

写真の上段はマイクロチップインジェクター(埋め込み器)、下段はリーダー(読み取り器)です。

マイクロチップ

インジェクターは太めの針がついていて、その中にマイクロチップが入っています。

肩甲部の皮下に、ワクチンの注射と同様の手技で針を挿入し、埋め込みます。
埋め込みに際して麻酔の必要はありませんが、針を挿入する際に興奮してしまうような場合には、あらかじめ鎮静剤や局所麻酔薬を使用することがあります。

埋め込み後にリーダーで個体識別番号を読み取り、確実に埋め込まれていることを確認します。

埋め込み後の注意点

マイクロチップのデータ登録手続きのために、登録料の振込みと登録申込書の郵送が必要です。
当院では埋め込み時に登録申込書と専用封筒をお渡ししています。
登録申込書が受領されてから2~3週間で登録が完了し、登録完了通知ハガキが飼い主様の住所に郵送されます。

マイクロチップはMRIの撮影に一部影響を与えることがあります。
特に埋め込み部周辺のMRI撮影が必要になった際は、マイクロチップを取り出す場合もあります。

もっと詳しく知りたい方は

ご来院いただければ詳細についてご説明いたします。
また、日本獣医師会のウェブサイトにも記載がありますのでご参考になさってください。

PAGETOP
Copyright © 獣医科村上医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.